薬剤師がブランクからの復職

ブランクからの復職

 薬剤師とブランクについて説明しているページです。
 子育てなどでブランクがある薬剤師は多いですが、やはりブランクは不利なのでしょうか。
 ブランクを埋める方法や避けるべき職場について説明します。

 

 

 

薬剤師のブランク

 ブランクのある薬剤師はやはり転職、求職する際に不利なのでしょうか。

 

ブランクがあるのは不利?

 薬剤師資格を活かして就職するとしても、やはりブランクがあるのは、ブランクがない薬剤師に比べて不利と言えるでしょう。
 しかし、そこまでの不利ではないです。ドラッグストアや調剤薬局に就職する場合、未経験者歓迎であることも多いです。ブランクがある場合は、そのブランクが生まれる前までは薬剤師として働いていたわけですから、ペーパー薬剤師より有利です。
 もちろん、薬剤師資格を持ってはいるが薬剤師業務をしたことがないという方でも、ドラッグストアや調剤薬局で薬剤師として働くことができます。

 

ブランクを埋めるには

 ブランクを埋めるにはいくつか方法があります。それでは具体的にどのような方法があるでしょうか?

 

 まずひとつめは、研修制度がしっかりしたドラッグストアや調剤薬局に就職することです。これは、求人情報に「研修制度有り」と書いてあるところを選ぶようにしましょう。しかし、これでは研修の実態がわかりませんので、面接などで研修について詳しく聞くと良いかもしれません。
 ふたつめに、復職プログラムの利用があります。大手薬剤師求人サイトや転職サイトでは、この復職プログラムを行っているところがあります。無料で利用できるところもあるので、こういったプログラムを利用してブランクを埋めるようにしましょう。
 みっつめに、関連資格の勉強をすることが挙げられます。おすすめの資格は、
薬剤師認定制度です。これは、医学・薬学の高度化・専門家にともない、特定の医療分野などにおいて高度な知識や技量、経験をもつ薬剤師を認定する制度です。この資格を持っていることにより、最新の薬剤知識を備えていることの証明になります。

 

避けるべき職場

 調剤薬局の場合は、大手病院近辺の調剤薬局は避けたほうが良いでしょう。なぜかというと、科目がたくさんある病院に近い調剤薬局であると、扱う薬の数も膨大になるからです。

 

 

 

薬剤師におすすめの転職サイトランキング

薬剤師におすすめの転職サイトです。薬剤師が転職に成功するためには複数のサイトに登録することがおすすめです。目安としては3〜4サイトに登録すると良いでしょう。
 なぜ複数登録を薦めるのかというと、コンサルタントと相性が合わず転職に失敗したという方が多いため、コンサルタントとの相性を見極めるためです。
 ほかにも、サイトによって扱っている求人がことなります。そしてそれは公開求人だけではなく、登録者に紹介される非公開求人であってもです。また、サイトによって強い業種が違うこともあります。複数の転職サイトで求人を比べていくと、比較できる求人が増えますから、1つのサイトを利用したときより良い条件の求人を見つけることもできます。その結果、年収がかなりアップすることも・・・そういった点からも、複数の転職サイトに登録することは転職を成功させるために重要なのです。

転職サイト名

運営会社

求人数

薬キャリ


エムスリーキャリア

非常に多い

ヤクジョ(ヤクステ)


株式会社ジェイネクスト

非常に多い

ファルマスタッフ


株式会社

メディカルリソース

非常に多い

マイナビ薬剤師


株式会社マイナビ

非常に多い

リクナビ薬剤師

株式会社リクナビ

非常に多い


サブメニュー

サイトランキング


薬剤師の平均年収 おすすめ薬剤師転職サイトランキング 祝い金がたくさん貰えるサイト