薬剤師の需要

薬剤師の需要

 薬剤師の需要とこれからについて。

 

 

薬剤師の需要

 薬剤師の需要は今どうなっているのでしょうか。

 

求人倍率は低下傾向

 薬学部が4年制から6年制に変更になり、新卒が出ない間は求人倍率5倍・6倍といった時代もあったようですが、6年制になってからの新卒者も出てきて求人倍率は低下傾向にあります。

 

 これは、6年制に変更になった際に、私立で薬剤師養成の6年制薬学部が乱立したことによります。

 

 

 地方ではまだまだ薬剤師不足ですが、都心では薬剤師あまりになりつつあります。
 また、地方か都心かという地域の問題もありますが、就職先によっても温度差があります。病院の調剤薬局などは求人倍率が低いです。つまり、なりにくいと言えます。しかし、ドラッグストアとなると、薬剤師が足りずずっと募集をかけているようなところもあります。

 

 また、規制改革による改正薬事法で新設された一般用医薬品を販売する「登録販売者」という資格ができました。この資格は、一般用医薬品のうち第二類医薬品および第三類医薬品を扱うことができる資格です。2009年6月1日より実施されている資格で、平成23年度末、登録販売者の総数は109958名にもなりました。
 この登録販売者はドラッグストアでは、1類医薬品以外の家庭用医薬品が販売可能で、登録者が多く安価で雇えるため、薬剤師の代わりに登録販売者を雇うドラッグストアも多くなっています。
 そういったことも、薬剤師の求人倍率を下げる要因のひとつでしょう。

 

 しかし、薬剤師を雇うドラッグストアもまだまだ多いです。それはやはり、第一類医薬品が扱えるか扱えないかが大きいのではないでしょうか。

 

 

 つまり、薬剤師は一時期よりは求人倍率も下がり、需要が減りましたが、一部地域や職場を除けば、まだまだ需要があると言えるということです。

薬剤師におすすめの転職サイトランキング

薬剤師におすすめの転職サイトです。薬剤師が転職に成功するためには複数のサイトに登録することがおすすめです。目安としては3〜4サイトに登録すると良いでしょう。
 なぜ複数登録を薦めるのかというと、コンサルタントと相性が合わず転職に失敗したという方が多いため、コンサルタントとの相性を見極めるためです。
 ほかにも、サイトによって扱っている求人がことなります。そしてそれは公開求人だけではなく、登録者に紹介される非公開求人であってもです。また、サイトによって強い業種が違うこともあります。複数の転職サイトで求人を比べていくと、比較できる求人が増えますから、1つのサイトを利用したときより良い条件の求人を見つけることもできます。その結果、年収がかなりアップすることも・・・そういった点からも、複数の転職サイトに登録することは転職を成功させるために重要なのです。

転職サイト名

運営会社

求人数

薬キャリ


エムスリーキャリア

非常に多い

ヤクジョ(ヤクステ)


株式会社ジェイネクスト

非常に多い

ファルマスタッフ


株式会社

メディカルリソース

非常に多い

マイナビ薬剤師


株式会社マイナビ

非常に多い

リクナビ薬剤師

株式会社リクナビ

非常に多い


サブメニュー

サイトランキング


薬剤師の平均年収 おすすめ薬剤師転職サイトランキング 祝い金がたくさん貰えるサイト