薬剤師がMRとして働く

薬剤師がMRとして働く

 薬剤師がMRとして働くのはどうなのでしょうか?
 薬剤師に転職することで発生するメリット・デメリットについても紹介します。

 

 

 

MRとはく

 MRとは製薬会社の営業職のことです。医薬情報担当者、英語でmedical representativeと書きます。これを略してMRと呼ぶことが多いです。
 医師など医療事業者に自社の医薬品を売り込むために、医薬品の情報提供を行う仕事です。

 

MRは必ずしも薬剤師資格を必要としない

 MRは必ずしも薬剤師資格を必要としません。しかし、薬剤師の勉強で培った知識を活かすことができます。
 そのため、薬剤師資格を持ちながら、MRとして就職する人や、薬剤師からMRに転職する人も少なくありません。また、薬剤師の給料は安くはありませんが、高くもありません。そのため、高収入のチャンスがあるMRに転職しようとする人も少なくないのでしょう。

 

MRは給料が高い?

 先ほども少し触れたように、MRはかなり稼げる可能性があります。営業職なので、実績さえあれば月収1000万円も夢ではありません。薬剤師の給料は安くはありませんが、そこまで高いわけではありません。たとえ、管理薬剤師になったとしても、平均年収は600万円ほどです。
 それに対し、MRは営業成績さえよければ、月収1000万円以上稼げます。1000万円を高いと定義するのはその人次第ですが、薬剤師の平均年収約550万円と比べてみると、かなり夢がある話ではあります。

 

 

 

MRのメリット・デメリット

 MRのメリット・デメリットについて紹介します。

 

MRのメリット

 MRにはどういったメリットがあるのでしょうか?紹介していきます。

 

高収入のチャンスがある

 先ほども紹介したとおり、MRは薬剤師に比べて高収入のチャンスがあります。薬剤師の平均年収は550万円ほどですが、MRであれば年収1000万円も夢ではありません。

 

マナーやスキルが身につけられる

 ビジネスマナーや営業のスキルは調剤薬局ではなかなか身につきません。MRは営業職ですから、こうしたビジネスマナーを身につけることができます。そして、そのマナーやスキルは転職の際に役立つでしょう。

 

福利厚生が充実している

 製薬会社は給料も高水準ですが、福利厚生面も充実している会社が多いです。長期休暇も取りやすく、女性の場合だと育児制度が充実している会社で働けば、育児休暇後に復帰することも可能です。実際にそのような方も少なくないようです。女性にとって働きやすい職場も多いので、男性にも女性にもおすすめです。

 

MRのデメリット

 MRにはどういったデメリットがあるのでしょうか?紹介していきます。

 

知識を十分には活かせない

 MRは先ほども述べたように薬剤師資格を必ずしも必要としません。MRの約半数は文系大学出身です。MR職の中で薬剤師資格を持っている方は約1割程度です。
 このことからも、文系であってもMRは勤まりますから、医薬品の専門家である薬剤師の知識を活かせるか?と言われると疑問が残ります。もちろん、医薬品に関する研修などはあるようですが、薬剤師の知識が活かせるかという点に着目すると、活かせないというのが答えになると思います。

 

転勤がある

 MRは転勤も多いです。転勤したくないという方にはおすすめできません。

 

ストレスがきつい場合も・・・

 MRは営業職の濃い職種です。そのため、医療従事者とのコミュニケーションスキルが何よりも重視されます。そのため、コミュニケーション能力を必要とします。人付き合いが苦手、プライドが高い方には精神的にきつい可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬剤師におすすめの転職サイトランキング

薬剤師におすすめの転職サイトです。薬剤師が転職に成功するためには複数のサイトに登録することがおすすめです。目安としては3〜4サイトに登録すると良いでしょう。
 なぜ複数登録を薦めるのかというと、コンサルタントと相性が合わず転職に失敗したという方が多いため、コンサルタントとの相性を見極めるためです。
 ほかにも、サイトによって扱っている求人がことなります。そしてそれは公開求人だけではなく、登録者に紹介される非公開求人であってもです。また、サイトによって強い業種が違うこともあります。複数の転職サイトで求人を比べていくと、比較できる求人が増えますから、1つのサイトを利用したときより良い条件の求人を見つけることもできます。その結果、年収がかなりアップすることも・・・そういった点からも、複数の転職サイトに登録することは転職を成功させるために重要なのです。

転職サイト名

運営会社

求人数

薬キャリ


エムスリーキャリア

非常に多い

ヤクジョ(ヤクステ)


株式会社ジェイネクスト

非常に多い

ファルマスタッフ


株式会社

メディカルリソース

非常に多い

マイナビ薬剤師


株式会社マイナビ

非常に多い

リクナビ薬剤師

株式会社リクナビ

非常に多い


サブメニュー

サイトランキング


薬剤師の平均年収 おすすめ薬剤師転職サイトランキング 祝い金がたくさん貰えるサイト