薬剤師が公務員として働く

公務員として働く薬剤師

 薬剤師は公務員として働くこともできます。薬剤師としてより薬剤師の知識を利用して仕事をする仕事が多いです。
 このページでは公務員の薬剤師と薬剤師の知識を活かした公務員の説明をしていきます。

 

 

国家公務員と地方公務員

 まず、薬剤師が公務員として働こうとする際には、国家公務員と地方公務員にわかれます。
 それでは、国家公務員の薬剤師は具体的にはどういった仕事をし、地方公務員の薬剤師はどういった仕事をするのでしょうか?

 

国家公務員

 国家公務員として働く薬剤師は、国の省庁で法令作りをはじめとする国家の薬事行政に携わる仕事をしています。異動が広域で、国家公務員試験に合格する必要があります。

 

 薬剤師として国家公務員として働くというよりは、薬剤師の知識を活かして公務員をするといった仕事内容になります。

 

 また、必ずしも薬学部出身である必要はないのですが、薬学部出身者が多い国家公務員としては、麻薬取締官があります。
 また、科学警察研究所という道もあります。ただし、これはかなり狭き門ですし資格も必須ではありません。化学専攻などの博士も受けることが多いので競争率が高くなります。

 

 こうした国家公務員となる場合には薬剤師資格は必ずしも必要なわけではありません。

 

 薬剤師の経験ではなく資格を活かしたいという場合には国立病院機構の薬剤師を目指すのが良いでしょう。公務員であり薬剤師の資格を活かした仕事となります。

 

地方公務員

 地方公務員の薬剤師は都道府県庁や保健所の勤務が多いようです。衛生研究所や消費者センター等で働くことも少なくないようです。
 職種にもよりますが、こういった部署を約3年のサイクルで異動するようです。

 

 このように、薬剤師の経験を活かした公務員もあります。経験ではなく資格を活かしたいのだという方も多いと思います。

 

 そういった方におすすめなのが公立病院の薬剤師になること。転勤も県内のみになります。そのため、地元志向の方にもおすすめです。

 

公務員薬剤師のメリット・デメリット

 公務員薬剤師にはどういったメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

公務員薬剤師のメリット

 やはり安定しているというのが大きなメリットです。クビになるということがほぼありません。また、給与面でも安定しています。
 薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアに勤めたとき、初任給こそ高いですが、ある程度給料が上がったら伸び悩むことが多いです。
 しかし、それに比べ公務員の薬剤師は、勤続年数に応じて昇給するので毎年必ず昇給するのです。

 

公務員薬剤師のデメリット

 公務員になるということは、公務員試験に合格しなければいけません。公務員試験は景気と難易度が反比例しており、景気が良くなると倍率が下がり難易度が低くなり、景気が悪くなると倍率が上がり難易度が高くなる傾向にあります。
 ここ数年の公務員試験は景気の悪さも相まって、倍率が非常に高く難易度が高くなっています。

 

 薬剤師のみが受けられる枠であれば、そこまで問題はないのですが(それでもかなりの高倍率)、たとえば国家総合職や国家一般職難易度など受験できる条件あまりない枠で受験しようとすると、高得点を得なければならず、一般教養試験の広い出題範囲に苦しめられることになります。

 

 また、異動が多いのもデメリットと言えます。国家公務員は全国転勤ですし、地方公務員は限られた地域の中ではとはいえ、3年周期で異動になります。こういった、勤務地の自由の効かなさもデメリットと言えるでしょう。

 

公務員薬剤師は敷居が高い

 このように公務員の薬剤師はなるまでが非常に難しいです。薬剤師は数が増えてはいますが、それでも引く手あまたの状態です。なので公務員にこだわらなくても良いのではないかと感じます。

 

 公務員の薬剤師は募集している人数も少ないのでたとえ試験に合格したとしても採用されるとは限りません。せっかく試験に通ったのに就職、転職できないというケースも多いのです。そういったリスクを考えると、割に合わないのではないかな……というのが実情ですね。

 

 何年かかけて公務員を目指すのも良いかもしれません。何しろ資格があるので、ダメだったときも取返しが付くかもしれませんから。
 でも、わざわざ高倍率の試験を潜り抜けて公務員になるのではなく、条件の良い調剤薬局や病院への転職を目指す方がすんなりと仕事が決まるでしょう。時間を無駄にするがありません。

 

 では、薬剤師が仕事を探す際にはどうしたら良いでしょうか?新卒であれば今更言うこともないでしょうが、転職する場合は?

 

 転職する場合であれば転職サイトを利用するのがおすすめです。まだしばらくは転職しないという場合でも先に登録しておくと良い求人の情報が入ってくるのでおすすめですよ。だって、常にとても良い条件の求人はありませんから。とても良い条件の求人から埋まっていくはずなので時間をかけて良い求人が来るのを待っていた方が良いですよね。

 

 では、どの転職サイトがおすすめなのでしょうか?当ホームページでおすすめしているのは「薬キャリ」「ヤクジョ(ヤクステ)」「ファルマスタッフ」といったサービスです。

 

 ページ下部にもランキングでおすすめ転職サイトを紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね。

薬剤師におすすめの転職サイトランキング

薬剤師におすすめの転職サイトです。薬剤師が転職に成功するためには複数のサイトに登録することがおすすめです。目安としては3〜4サイトに登録すると良いでしょう。
 なぜ複数登録を薦めるのかというと、コンサルタントと相性が合わず転職に失敗したという方が多いため、コンサルタントとの相性を見極めるためです。
 ほかにも、サイトによって扱っている求人がことなります。そしてそれは公開求人だけではなく、登録者に紹介される非公開求人であってもです。また、サイトによって強い業種が違うこともあります。複数の転職サイトで求人を比べていくと、比較できる求人が増えますから、1つのサイトを利用したときより良い条件の求人を見つけることもできます。その結果、年収がかなりアップすることも・・・そういった点からも、複数の転職サイトに登録することは転職を成功させるために重要なのです。

転職サイト名

運営会社

求人数

薬キャリ


エムスリーキャリア

非常に多い

ヤクジョ(ヤクステ)


株式会社ジェイネクスト

非常に多い

ファルマスタッフ


株式会社

メディカルリソース

非常に多い

マイナビ薬剤師


株式会社マイナビ

非常に多い

リクナビ薬剤師

株式会社リクナビ

非常に多い


サブメニュー

サイトランキング


薬剤師の平均年収 おすすめ薬剤師転職サイトランキング 祝い金がたくさん貰えるサイト