薬剤師の初任給と平均年収(給料、給与)

薬剤師の初任給と平均年収

 このページにアクセスしてくださった方は、薬剤師になろうとしている受験生かもしれませんし、薬学部生かもしれませんし、現役薬剤師かもしれません。ひょっとしたら、復帰しようとなさっている薬剤師かもしれませんね。
 薬剤師は働く場所によってかなり給与に差が出ます。このページでは薬剤師の初任給と平均年収について紹介していきます。

 

 

 

薬剤師の初任給

 薬剤師の初任給はどの職場で働くかにより大きくことなります。では、どの職場ではどれくらいの給与がもらえるでしょうか?

 

調剤薬局

 調剤薬局の初任給は月22〜30万円程度と言われています。年収で350万円〜400万円程度です。
 大手調剤薬局チェーンでは給与が低い傾向、中小調剤薬局チェーンや薬剤師不足の地域では給与が高い傾向にあります。

 

製薬会社

 製薬会社だと同じ製薬会社であっても、職種にもよって報酬は異なります。技術開発職や研究職は必ずしも薬剤師免許が必要ではありませんが、国公立の薬学部出身者も多くとります。これらの職種は初任給は一般的な額ですが、給与が上がりにくい傾向にあります。製薬会社はそもそもの給与額が高いので、その中での上がりにくいなので、一般から見たら十分高級取りなのでしょうが・・・
 これも薬剤師でなくてもなれる職種ではありますが、薬学の知識や薬剤師免許を活かしてMRとして働く薬剤師も存在します。MRは医療機関を訪問し、自社の医療用医薬品を医療従事者に提供する職業。製薬会社の営業部門に所属しており、つまりは医者や歯科医師などを相手にした営業職なのです。営業職は歩合制の面が強く、契約が取れると高給取りになれます。つまり、契約が取れるMRであれば年収1000万円も夢ではありません。しかし、さすがに初任給でそれほど稼げることはないでしょうが、実力の面が強いので、営業が得意であればかなり稼げる可能性があります。

 

ドラッグストア

 月25〜35万円程度だと言われています。年収で350〜450万円程度でしょうか。薬剤師手当が月5〜10万円ほどつくので、給与は高めの傾向にあります。

 

病院

 初任給で月20万円前後だと言われています。ドラッグストアや調剤薬局、製薬会社などに比べ給与が安い傾向にあります。
 しかし、病院勤務は非常に人気があり、他の業態に比べ有効求人倍率が低いです。

 

 

薬剤師の平均年収

このページでは薬剤師の平均年収について紹介していきます。

 

薬剤師の平均年収

 薬剤師の平均年収は、その業態によって異なりますが、薬剤師の平均としては553万円だそうです。男女別に分けると男性562万円、女性520万円です(平成25年)。平均勤続年数は7.6年、平均年齢は39.1歳のデータです。

 

薬剤師の給与は業態によって大きく異なる

 薬剤師の年収は業態によって大きくことなります。では、どういった業態があって、年収はいくらくらいなのでしょうか?

 

調剤薬局

 調剤薬局の年収は約400万円〜650万円と言われているようです。管理薬剤師になると年収は高い傾向にあります。

 

ドラックストア

 ドラックストア勤めの薬剤師の年収は、約400万円〜700万円と言われているようです。店長クラスになるとそれ以上稼げることもあるようです。

 

製薬会社

 製薬会社で働く薬剤師は年収約400万円〜800万円以上であるようです。製薬会社に勤めている場合、その職種によっても年収は大きく異なります。技術開発職や研究職は給与があまり上がりません。しかし、MRなどの営業職は成果主義なので、契約が取れれば年収1000万円も夢ではないです。

 

病院

 病院で働く薬剤師は年収約400万円〜650万円であるようです。病院薬剤師は他の業態に比べると初任給や給与が劣る傾向にあるようです。それにも関わらず、なりにくい仕事です。

 

まとめ

 薬剤師の初任給と平均年収について簡単に票にまとめてみました。
 こうして見てみると、ドラッグストアの初任給の高さが際立っています。それに対して病院の薬剤師は安月給ですね。
 製薬会社では薬剤師の働く場は多数あります。研究、技術、営業で学んだことを活かすことができるのですが、資格は必須ではありません。どの製薬会社で働くかも初任給や平均年収に関わりますが、どの職種で働くのかも大きく関わってきます。そのため、会社や業種による、とさせていただきます。
 ちなみに薬剤師全体の平均年収は553万円。初任給ではドラッグストアが水をあけて高収入ですが、平均年収はと見てみると差が縮まっています。

勤務先 初任給 平均年収
調剤薬局 22万円程度 400〜650万円程度
ドラッグストア 25〜35万円程度 400〜700万円程度
病院 20万円程度 400〜650万円程度
製薬会社   400〜800万円程度

 

 

 薬剤師の平均年収と初任給について紹介してきました。それでは医師の平均年収や初任給はいくらでしょうか?気になる方は医師の初任給と年収
 看護師と比較したい場合には看護師の給与を参考に。

 

平均年収より安かった薬剤師さん

 薬剤師の初任給や平均年収を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 「平均年収より安かった!ショック!」という方もいるかもしれませんね。そういった方はより良い職場に転職するのも手かもしれません。

 

 「忙しいからそんな時間はない」といった方には転職サイトがおすすめです。条件の良い求人を紹介してくれますし、交渉や面倒くさい細かな雑事も代行してくれるので転職活動の負担が減るんですよ。
 また、転職活動をする時間が取れるという方も転職サイトの利用をおすすめします。なぜなら、転職サイトは無料でこれらのサービスを行ってくれるからです。他にも条件の交渉やキャリアの相談、求人の細かい情報なども提供してくれるので、転職後のミスマッチを防げるのが大きなポイントです。

 

 転職サイトはキャリアの相談もできるので、自分はこういったことをしたい、こういった薬剤師になりたい、こうやって働きたいけどどうしたら良いか分からないという方にもおすすめ。専任のコンサルタントさんに相談して、どういった転職をすれば良いのか提案してもらいましょう。

 

 しかし、転職サイトの質はピンキリです。中には時間の無駄だったというようなサービスも……。なのでしっかりしたサポートを行ってくれる転職サイトを選ばなくてはいけません。
 では、どの転職サイトがおすすめなのでしょうか?当ホームページでおすすめしているのは「薬キャリ」「ヤクジョ(ヤクステ)」「ファルマスタッフ」といったサービスです。
 どれも評判が良く、丁寧にサポートしてくれます。もちろん、キャリアの相談もしっかり対応してくれるのがポイント。

薬剤師におすすめの転職サイトランキング

薬剤師におすすめの転職サイトです。薬剤師が転職に成功するためには複数のサイトに登録することがおすすめです。目安としては3〜4サイトに登録すると良いでしょう。
 なぜ複数登録を薦めるのかというと、コンサルタントと相性が合わず転職に失敗したという方が多いため、コンサルタントとの相性を見極めるためです。
 ほかにも、サイトによって扱っている求人がことなります。そしてそれは公開求人だけではなく、登録者に紹介される非公開求人であってもです。また、サイトによって強い業種が違うこともあります。複数の転職サイトで求人を比べていくと、比較できる求人が増えますから、1つのサイトを利用したときより良い条件の求人を見つけることもできます。その結果、年収がかなりアップすることも・・・そういった点からも、複数の転職サイトに登録することは転職を成功させるために重要なのです。

転職サイト名

運営会社

求人数

薬キャリ


エムスリーキャリア

非常に多い

ヤクジョ(ヤクステ)


株式会社ジェイネクスト

非常に多い

ファルマスタッフ


株式会社

メディカルリソース

非常に多い

マイナビ薬剤師


株式会社マイナビ

非常に多い

リクナビ薬剤師

株式会社リクナビ

非常に多い


サブメニュー

サイトランキング


薬剤師の平均年収 おすすめ薬剤師転職サイトランキング 祝い金がたくさん貰えるサイト