アルバイト・パート薬剤師

アルバイト・パート薬剤師

 アルバイトやパートとして働く薬剤師もたくさんいます。子供がいる薬剤師が子供が大きくなってから、薬剤師資格を活かしてアルバイトやパートをするというケースが多いようです。
 このページでは、パートやアルバイト薬剤師のメリット・デメリットを挙げていきたいと思います。

 

 

 

アルバイト・パート薬剤師メリット・デメリット

 ここでは、アルバイト・パート薬剤師のメリット・デメリットについて説明していきます。

 

アルバイト・パート薬剤師のメリット

 アルバイト・パート薬剤師にはいくつかメリットがあります。それでは、どんなメリットがあるでしょうか?紹介していきます。

 

時給が高い

 薬剤師のパート・アルバイトは資格が必要でないアルバイトやその他資格が必要なアルバイトの中でもかなり時給が高い傾向にあります。スーパーのレジパートの倍以上の時給が設定されています。

 

時間に自由が効く

 勤務時間や勤務日に都合がつきやすいです。そのため、家事や育児と両立しやすいです。子供の学校のイベントにも参加しやすいでしょう。
 

近場で働ける

 アルバイト・パート薬剤師の勤務地はドラッグストアや調剤薬局であることが多いです。ドラッグストアや調剤薬局はたくさんありますから、近場で働くことができます。
 
 

 

 

 

アルバイト・パート薬剤師のデメリット

 アルバイト・パート薬剤師にはいくつかデメリットがあります。それでは、どんなデメリットがあるでしょうか?紹介しています。

 

勤務先が限られる

 アルバイト・パートの求人となると、ドラッグストアや調剤薬局の求人が大半になり、他の業態の求人はあまり見かけません。そのため、勤務先が調剤薬局かドラッグストアに限られてしまうのです。

 

派遣より時給が低い

 正社員より給与が安いのはもちろんですが、派遣薬剤師より時給も安めになります。

 

やりがいが感じられないかも・・・

 アルバイト・パートとして勤務することになるので、正社員の方から一段低く見られる可能性もあります。パート・アルバイト薬剤師の勤務先はドラッグストアや調剤薬局がほとんどですが、こういった職場では、雑務も多いです。そうなると、モチベーションを保つのが難しい可能性もあります。

薬剤師におすすめの転職サイトランキング

薬剤師におすすめの転職サイトです。薬剤師が転職に成功するためには複数のサイトに登録することがおすすめです。目安としては3〜4サイトに登録すると良いでしょう。
 なぜ複数登録を薦めるのかというと、コンサルタントと相性が合わず転職に失敗したという方が多いため、コンサルタントとの相性を見極めるためです。
 ほかにも、サイトによって扱っている求人がことなります。そしてそれは公開求人だけではなく、登録者に紹介される非公開求人であってもです。また、サイトによって強い業種が違うこともあります。複数の転職サイトで求人を比べていくと、比較できる求人が増えますから、1つのサイトを利用したときより良い条件の求人を見つけることもできます。その結果、年収がかなりアップすることも・・・そういった点からも、複数の転職サイトに登録することは転職を成功させるために重要なのです。

転職サイト名

運営会社

求人数

薬キャリ


エムスリーキャリア

非常に多い

ヤクジョ(ヤクステ)


株式会社ジェイネクスト

非常に多い

ファルマスタッフ


株式会社

メディカルリソース

非常に多い

マイナビ薬剤師


株式会社マイナビ

非常に多い

リクナビ薬剤師

株式会社リクナビ

非常に多い


サブメニュー

サイトランキング


薬剤師の平均年収 おすすめ薬剤師転職サイトランキング 祝い金がたくさん貰えるサイト