薬剤師が直接応募で転職するメリット・デメリットなど

直接応募する

 転職方法には直接応募という方法もあります。
 それでは、直接応募とはどういったものでしょうか。メリット・デメリットについて紹介します。

 

 

 

採用先に直接応募する

 医療機関などの採用先のホームページなどから採用情報を入手し、自分で直接連絡を取り応募することで転職することもできます。

 

 

 

直接応募のメリット・デメリット

 直接応募のメリット・デメリットについて説明していきます。

 

メリットについて

 直接応募にもメリットはあります。それではどういったメリットがあるでしょうか?
 直接応募のメリットは自分で直接採用先と連絡を取るため、やり取りがスムーズです。そのため、スピーディーに連絡を取ることが可能です。
 転職サイトを経由して転職する際には、採用側は転職サイトに報酬を支払わなくてはいけません。しかし、直接応募ではそういった経費がかかりません。そのため、採用されやすいと言われています。

 

デメリットについて

 直接応募にもデメリットは存在します。では、どういったデメリットが存在するでようか?

 

手間がかかる

 転職サイトのように、手間がかかる作業を代行してくれません。直接応募は誰も通さず、自分と採用先のみの取引となります。そのため、すべての連絡などを自分で行わなければいけません。つまり、手間がかかります。

 

詳しい情報を知れない

 直接応募で知ることができる採用先の情報は、ホームページ上の応募要項のみです。そのため、基本給などの基本的な情報しか知ることができません。

 

面接対策などが行えない

 面接対策やアドバイスなどを受けることができません。そのため、自分で調べたり対策するしかないです。

 

交渉がしにくい

 転職サイトを利用して転職する際は、退職交渉や給与交渉などをコンサルタントが代行して行ってくれる場合が多いです。コンサルタントは交渉などを専門としており、今まで何回も交渉を行ってきたノウハウがあります。転職サイトで転職を決めた場合、こういったサポートが受けられますが、直接応募の場合、すべて自分で行わなければいけません。退職交渉や給与交渉もです。素人ですから、交渉できないとは言いませんが、やはりプロに比べてノウハウが足りませんから、交渉がしにくいと言えるでしょう。

     

 転職サイトとの併用がおすすめ!

なぜ併用がおすすめか?

 こうしたデメリットを解消するためには、転職サイトとの併用がおすすめです。転職サイトを併用すると、@詳しい情報を知れないA面接対策・アドバイスが受けられないが解消できます。

 

複数サイト登録がおすすめ

 コンサルタントやアドバイザーとの相性が合わないと、アドバイスや面接対策を受ける際に、コミュニケーションがうまくいかないことがあります。その結果、しっかりしたアドバイスや面接対策が受けられないということがあるため、アドバイザーやコンサルタントとの相性を見極めるためにも、複数の転職サイトに登録することをおすすめします。おすすめの転職サイトについてはおすすめの薬剤師転職サイト比較を参考にしてください。

薬剤師におすすめの転職サイトランキング

薬剤師におすすめの転職サイトです。薬剤師が転職に成功するためには複数のサイトに登録することがおすすめです。目安としては3〜4サイトに登録すると良いでしょう。
 なぜ複数登録を薦めるのかというと、コンサルタントと相性が合わず転職に失敗したという方が多いため、コンサルタントとの相性を見極めるためです。
 ほかにも、サイトによって扱っている求人がことなります。そしてそれは公開求人だけではなく、登録者に紹介される非公開求人であってもです。また、サイトによって強い業種が違うこともあります。複数の転職サイトで求人を比べていくと、比較できる求人が増えますから、1つのサイトを利用したときより良い条件の求人を見つけることもできます。その結果、年収がかなりアップすることも・・・そういった点からも、複数の転職サイトに登録することは転職を成功させるために重要なのです。

転職サイト名

運営会社

求人数

薬キャリ


エムスリーキャリア

非常に多い

ヤクジョ(ヤクステ)


株式会社ジェイネクスト

非常に多い

ファルマスタッフ


株式会社

メディカルリソース

非常に多い

マイナビ薬剤師


株式会社マイナビ

非常に多い

リクナビ薬剤師

株式会社リクナビ

非常に多い


サブメニュー

サイトランキング


薬剤師の平均年収 おすすめ薬剤師転職サイトランキング 祝い金がたくさん貰えるサイト