薬剤師がハローワークで転職するメリット・デメリットなど

ハローワークの利用

 薬剤師の転職方法にはハローワークを利用したものもあります。
 それでは、ハローワークを利用したメリット・デメリットはあるのでしょうか。紹介していきます。

 

 

 

ハローワークとは

 ハローワークとは公共安定所の別名です。職業紹介事業を行う機関で、国が管轄している施設のことです。
 無料で職業の紹介・就職支援サービスを行っています。ハローワークでは雇用保険に関する各種手当や助成金の支給や公共職業訓練の斡旋などの業務も行われています。

 

 

 

ハローワーク経由での転職メリット

 ハローワーク経由での転職メリットを説明します。

 

ハローワークでの転職メリット

 ハローワークを利用して転職する際にはメリットが存在します。ハローワークを利用した転職のメリットにはどんなものがあるでしょうか?

 

ハローワークにしかない求人がある

 転職支援サイトなどから薬剤師を雇用する場合、転職支援サイトにその薬剤師の年収に応じた金額を支払わなくてはいけません。しかし、採用側がハローワークを経由して薬剤師を雇う場合、採用側はハローワークにお金を払う必要がありません。つまり、ハローワークを経由した薬剤師の雇用は、採用側にとってコスト0なのです。そのため、薬剤師を雇う際にかかるコストをかけたくない病院や企業はハローワークに求人を出します。そのため、ハローワークにしかない求人があるのです。

 

採用側のコストがかからないため、採用されやすい?

 ハローワークを経由した転職では、採用側は雇用する薬剤師の年収に応じた金額を支払う必要がありません。ハローワーク経由の転職はコストが0なのです。そのため、採用されやすいのではないかと考えられています。
 たとえば、1つの枠に何人かの薬剤師が募集してきたとして、同じような経歴や職歴だった場合、コストがかからない人を採るでしょう。ですから、ハローワーク経由の採用は採用されやすいと言われるのです。

 

様々な手当を受け取ることができる

 ハローワークでは離職理由などで一定の条件を満たしている場合、雇用保険による様々な手当てを受けることが可能です。離職期間中に支払われる、いわゆる失業手当うあ再就職が決定した際に貰える「再就職手当」が貰えます。

 

地方・近隣での転職に有利

 地方ではハローワークを経由した転職が未だに根付いている地域もあり、地方によってはハローワークを利用した転職が主流である地域も存在します。
 また、各ハローワークは区や市単位で設置されています。そして、各ハローワークには求人掲載範囲が定まっています。そのため、最寄りのハローワークを利用すれば、比較的通勤時間が短い比較的近場な求人を探すことができます。

 

 

 

ハローワーク経由での転職デメリット

 ハローワーク経由での転職デメリットについて紹介します。

 

ハローワークでの転職のデメリット

 ハローワークを利用した転職にはメリットが多くあるようです。では、デメリットにはどんなものがあるでしょうか?

 

応募効率が悪い

 ハローワークにあるパソコンでは求人の検索ができます。しかし、このパソ近はハローワークが混雑状態の時、1回につき〜分までと制限がつくことがあります。そして、この制限はとても短いので、集中して求人を探していたら、気付いたら終わっていた・・・となってしまいます。
 また、応募は履歴書郵送で、自分でやらなくてはいけないことも多いので。応募効率が悪いです。

 

細かい求人情報が知れない

 ハローワークを利用するのみだと、求人の細かい情報を知ることが難しくなってきます。もちろん、基本給などの基本的な条件を知ることはできるのですが、離職率・有給消化率・職場の雰囲気など一歩踏み込んだ情報を知ることができません。
 もし、そういった情報を知りたい場合は、転職サイトにも登録して、細かい情報を入手してから、ハローワーク経由で転職するという方法もとれます。

 

ハローワークに掲載されていない求人も多い

 ハローワークに求人を出さない病院などは多いです。特に都心部ではその傾向が強いと考えられます。そのため、ハローワークのみの利用では、あまり多くの求人を網羅できていないのではないか?というデメリットがあります。

 

 

 

より効率よく転職するには・・・

 より効率よく転職するための方法について紹介します。

 

転職サイトとの併用がおすすめ!

 より効率良く転職するためには転職サイトとの併用をおすすめします。転職サイトを利用することにより、ハローワーク利用のみでのデメリットを補うことができるからです。
 その最も大きいものは、求人が網羅できることと、より深く求人の情報を知ることができることです。
 転職サイトでは、ハローワークに掲載されていないような求人も多く掲載されます。そして、求人先の職場事情などにも明るいのです。
 そして、転職サイトを利用したからといって、必ずしも転職サイトで転職を決めなくてはいけないわけではありません。実際に、ハローワークと転職サイトを利用して最終的にハローワークから転職を決めたという人も多いです。
 そのため、転職サイトで情報を集め、気に入った転職先がハローワークにも掲載されていたら、ハローワークで最終的に転職を決めるといった方法も可能です。こうした手段を使うことにより、ハローワークを利用した転職の強みである「コストが0であるため採用されやすい」が活かせます。もちろん、ハローワークは通さず、転職サイト経由で転職することもおすすめです。転職サイトは専門のコンサルタントによるサポートを受けられますし、連絡などもコンサルタントが代行してくれるため非常に効率が良いからです。サイトによっては「お祝い金」などといった名称でお金をくれるサイトもあります。

 

 転職サイトは複数登録することがおすすめです。それは、その転職サイトにより扱っている求人が違うからです。複数の転職サイトに登録して求人情報を集めることで、より多くの求人を比較してより希望に近い転職先を吟味できます。おすすめの転職サイトについてはおすすめ薬剤師転職サイト比較を参考にしてください。

薬剤師におすすめの転職サイトランキング

薬剤師におすすめの転職サイトです。薬剤師が転職に成功するためには複数のサイトに登録することがおすすめです。目安としては3〜4サイトに登録すると良いでしょう。
 なぜ複数登録を薦めるのかというと、コンサルタントと相性が合わず転職に失敗したという方が多いため、コンサルタントとの相性を見極めるためです。
 ほかにも、サイトによって扱っている求人がことなります。そしてそれは公開求人だけではなく、登録者に紹介される非公開求人であってもです。また、サイトによって強い業種が違うこともあります。複数の転職サイトで求人を比べていくと、比較できる求人が増えますから、1つのサイトを利用したときより良い条件の求人を見つけることもできます。その結果、年収がかなりアップすることも・・・そういった点からも、複数の転職サイトに登録することは転職を成功させるために重要なのです。

転職サイト名

運営会社

求人数

薬キャリ


エムスリーキャリア

非常に多い

ヤクジョ(ヤクステ)


株式会社ジェイネクスト

非常に多い

ファルマスタッフ


株式会社

メディカルリソース

非常に多い

マイナビ薬剤師


株式会社マイナビ

非常に多い

リクナビ薬剤師

株式会社リクナビ

非常に多い


サブメニュー

サイトランキング


薬剤師の平均年収 おすすめ薬剤師転職サイトランキング 祝い金がたくさん貰えるサイト