薬剤師が調剤薬局で働く

調剤薬局で働く

 調剤薬局で働く薬剤師はどのような仕事をするのでしょうか。
 そして、メリット・デメリットはあるのでしょうか。紹介します。

 

 

 

調剤薬局で働く

 調剤薬局で働く薬剤師は多いのではないでしょうか。何しろ、調剤薬局は周りを見渡してもたくさんあります。では、調剤薬局で働く薬剤師はどのような仕事をしているのでしょうか?

 

調剤薬局薬剤師の仕事内容

 調剤薬局では、調剤業務、服薬指導、薬歴管理の3点が主な業務内容になっています。
 調剤業務は、患者に医療機関の医師が出す処方箋をもとに薬を調剤することです。服薬指導は患者に薬の服薬方法・効能・保管方法の説明や日々の健康にしてアドバイスする業務のことです。薬歴管理とは、患者の副作用などの情報を含む、薬の服用履歴を管理する業務です。

 

 

 

調剤薬局薬剤師のメリット・デメリット

メリット

 総合病院の門前に出店している薬局も多く、処方箋の種類や内容が豊富です。そういった店舗であれば取り扱う薬も多く、さまざまな科目の調剤業務に携わることができるので、スキルアップにつながります。
 また、管理薬剤師、本社勤務など多様なキャリアパスが描けます。
 ほかにも、調剤薬局チェーンであれば、最寄りの店舗に勤務できるところが多く、転居の際にも転居先の店舗で勤務できるというケースもあります。

 

デメリット

 狭い職場であるため、人間関係が悪化すると居心地が悪くなることが挙げられます。
 ほかにも、処方箋に偏りがある調剤薬局に勤めていると、スキルアップしにくいことなどがデメリットとして挙げられます。

 

 

 

どんな人が向いている?

どんな人が求められているか

 やはり、投薬指導など患者さんとの距離が近い仕事です。そのため、コミュニケーション能力が重視されやすいです。

薬剤師におすすめの転職サイトランキング

薬剤師におすすめの転職サイトです。薬剤師が転職に成功するためには複数のサイトに登録することがおすすめです。目安としては3〜4サイトに登録すると良いでしょう。
 なぜ複数登録を薦めるのかというと、コンサルタントと相性が合わず転職に失敗したという方が多いため、コンサルタントとの相性を見極めるためです。
 ほかにも、サイトによって扱っている求人がことなります。そしてそれは公開求人だけではなく、登録者に紹介される非公開求人であってもです。また、サイトによって強い業種が違うこともあります。複数の転職サイトで求人を比べていくと、比較できる求人が増えますから、1つのサイトを利用したときより良い条件の求人を見つけることもできます。その結果、年収がかなりアップすることも・・・そういった点からも、複数の転職サイトに登録することは転職を成功させるために重要なのです。

転職サイト名

運営会社

求人数

薬キャリ


エムスリーキャリア

非常に多い

ヤクジョ(ヤクステ)


株式会社ジェイネクスト

非常に多い

ファルマスタッフ


株式会社

メディカルリソース

非常に多い

マイナビ薬剤師


株式会社マイナビ

非常に多い

リクナビ薬剤師

株式会社リクナビ

非常に多い


サブメニュー

サイトランキング


薬剤師の平均年収 おすすめ薬剤師転職サイトランキング 祝い金がたくさん貰えるサイト